トップ > スタッフブログ/Blog

スタッフブログ/Blog(2015年11月)

2015. 11. 6  「地域の食と物流を考える」開催!!
カテゴリ:お知らせ


講師ゲスト紹介

創業支援をしていると、飲食店やカフェをやりたいという方々によくお会いします。特に最近は飲食店というよりは、地域のひとつの「居場所」「交流の場」という機能を考えて、店舗をやりたいとう人が増えているように感じます。カフェや飲食店を地域活性化の拠点として考えれば、そこはおもしろい人たちの出会いの場になるでしょうし、場があることでイベントやセミナー、教室などの事業もできますので、ビジネスの幅が広がるでしょう。


しかし、店舗ビジネスは、創業者にとってリスクのかたまりでもあります。店舗を借りれば、毎月の賃貸料がかかりますし、多くの場合、最初の改装にまとまったお金が必要で、その費用は当初想定してたものより膨れ上がるのが常です。また、創業者ひとりだけでは店をまわしていくとは難しく、かならず誰かを雇う必要もでてきます。ここでも毎月出ていく給料という固定費が発生します。

初期投資、家賃、給料とかなりの費用が1年目からかかることになりますし、店はかなり立地に左右されてしまうところがありますから、場所を間違うとどんなにがんばっても売上をあげることが難しくなり、あっというまにビジネスとして成り立たなくなります。

もし、食に興味があって、飲食店をやろうとお考えになっているのであれば、まずは「店を出す」という選択肢を1回横において、どのような「食」を「誰」に「どのように」届けるかを考えてみませんか?

食のビジネスにおいて、物流は大変重要な要素です。そこで今回は、地域の食を新たな物流で考えるをテーマに、先駆的な取り組みをされている講師・ゲストをお迎えします。

調布の飛行場と「東京の島」をつなげた調布アイランドの丸田さん、東北の食材と首都圏をつなげた森口さん、おふたりはどのようにして、「食」をビジネスとして成り立たせ、地域の活性化につなげたのか。そんな体験談を聞きながら、皆様の想いや悩みを聞きながら、ざっくばらんな交流会型のセミナーを実施します。ぜひ、お待ちしております。

セミナー詳細ページ

コミュニティ・マネージャー 多摩大学 松本祐一

ページの先頭へ戻る