トップ > スタッフブログ/Blog

スタッフブログ/Blog(2015年4月)

2015. 4. 30  【BS多摩の特徴】寄合
カテゴリ:BS多摩の特徴

2015-04-30 18

BS多摩には、入居者どうし、入居者と運営者側との情報交換・交流の場として毎月最終木曜日に「寄合」を開催しています。

寄合では、コミュニティマネージャーから施設運営や事務手続きのお知らせ、イベントの紹介、インキュベーションマネージャーから助成金や講座の説明など行い、入居者のみなさんからは施設面での要望をだしてもらったり、新商品の紹介などしてもらっています。

後半には「トークセッション」と題して、ゲストをお呼びして講演いただり、入居者のビジネスを紹介をしたりと様々な企画を実施しています。

本日の4月寄合では、新しく入居された方の紹介があったり、入居者の方のビジネス進捗紹介があったり、話題の創業助成金について話したりと連休の谷間の木曜日でしたが、多くの入居者が参加しました。


BS多摩のコンセプトは、「志ビジネス創業者・経営者のコミュニティづくりの支援」です。入居者どうしがそれぞれつくるビジネスコミュニティを後ろから支えるのが私たちの役割です。寄合の場は、そういったコミュニティづくりのためのひとつの場なのです。


コミュニティマネージャー 松本

2015. 4. 30  Drink Out!〜地域を盛り上て泡立てるイベント〜
カテゴリ:今日の出来事

こんにちは!

すごーくご無沙汰してしまってますCMの浜田です。

既に真夏日を記録しているこの時期、当ビジネススクエアでも色々なビジネスの種が燃え上がってきてますが...

私達の住む(はたらく)多摩でも非常に多くの企画が予定されています。

その中の一つ、僕も運営に関わる「Drink Out!」がいよいよ5/10(日)に開催されます。

Drink Out!ってなに??

いわゆる「クラフトビール」のお祭りです。フェス♪

昨年から開催され、昨年は3500杯ぐらいを2時間程度で売り切ってしまいました。

これは、「ビール飲む」という手段を通じて地域の活動家や起業家や市民や行政その他色々な人達の繋がりを作っちゃいましょうって試みです。

ここから産まれる新しい街のストーリー

当然、そこには様々な活動があります。

将来、

「Drink Out!で出会ったご縁で創業する事になりました!」

なーんて入居者の方も現れるといいなーと(笑)

Drink Out!

2015. 4. 29  創業補助金ブラッシュアップ相談会開催
カテゴリ:今日の出来事

P4100820

4月10日、創業・第二創業促進補助金の申請にあたっての説明と計画書の作成についての個別相談、補助金概要及び申請書作成方法の紹介を行いました。

説明をするのはBS多摩インキュベーションマネージャーの「ミッシー」こと三島雄介氏です。

多摩信用金庫にはこういった補助金の情報がたくさん入ってきますし、その内容を理解したインキュベーションマネージャーが複雑な制度をわかりやすく説明しています。

近々、創業者や創業して間もない方向けのよい補助金が登場するという噂です。ぜひ、このホームページ等チェックしていてください。

コミュニティマネージャー 松本

2015. 4. 25  【BS多摩の特徴】戦略道場
カテゴリ:BS多摩の特徴

2015-04-25 10

 

今日は月1回の「戦略道場」の日。

BS多摩卒業生相良さんの新しい戦略の方向性を検討しました。また、スタートアップにとっての「雇用」のあり方についても議論しました。創業者が雇用すること(特に最初の雇用)についての実践的な知恵がほとんどないことに気づかされました。

 

戦略道場とは?

戦略道場とは、BS多摩入居者や卒業生、BS多摩クラブの会員を対象に、創業後の経営戦略・事業戦略を検討するゼミ形式の勉強会です。コミュニティマネージャーである松本が「道場主」として開催しています。創業者は、創業時、融資のため、補助金獲得のため、そしてインキュベーション施設に入るため事業計画を一生懸命つくります。でも、1回つくってしまうと、そのあと、それを更新することをなかなかしないものです。

 

創業者が一番苦しむのは、実は創業してからです。予定したとおりに商品ができない、なかなか売れないなど、悩みは絶えません。

 

うまくいかないと、どうしても小手先の対策をしてしまい、結果がでないであせって、さらに小手先の対策を重ねてしまう。このようなときに、意外と事業計画や戦略、さらには何のために創業したのかという原点に立ち戻って考えることはしないものです。もっというと、そのようなもともとの出発点が間違っていた(という可能性がある)と創業者は認めたくないものです。

 

そこで、BS多摩では、創業後の方向けに、自社の戦略を「見える化」して、その妥当性をもう一度検討するとともに環境変化や自身の変化にあわせて、戦略を更新・ブラッシュアップしていく勉強会を企画しています。しかも、インキュベーションマネージャーではなく、同じ立場の入居者に色々とアドバイスしてもらうことで、お互いに切磋琢磨できる場になっています。まさに、真剣勝負の「道場」なのです。このような入居者どうしが自分たちで高めあうコミュニティがあることこそ、BS多摩の特徴だといえます。

 

このときに参加者が共通に使うのが、多摩大学総合研究所が開発したシンプルストラテジーという戦略構築の方法論の「戦略の構図」という以下のフォーマットです。

BS多摩戦略道場「戦略の構図」2014

このフォーマットの特徴は1枚の絵で、戦略やビジネスモデルについて表現できること。各要素の関係が明確になり、常に事業の全体像を創業者が理解できるようになっています。そして、何よりも、同じ立場の創業者と議論をすることで、自分では気づかない戦略の穴や自社の強みがみえてきます。人間が自分のことはなかなか自分ではわからないと同じように会社も、外部の目がなければ、その本当の姿を理解することはできません。シンプルストラテジーは、そういった自己認識ならぬ、自社認識のためのツールです。

 

こちらのシンプルストラテジーの講座を6月4日に多摩大学で開催いたします。興味のある創業者や経営者は以下をご覧ください。

http://www.tama.ac.jp/t-kouza/index.html

 

コミュニティマネージャー 多摩大学総合研究所 教授・副所長 松本祐一

ページの先頭へ戻る